試合予定

2014年08月16日: 「THAI FIGHT」2014年8月16日(土・現地時間)タイ

11111111.jpg

▼57kg契約 ●大田原友亮(B-FAMILY NEO/UKF世界スーパーバンタム級王者、元UKFインターナショナル&日本フライ級王者、ラオファイト57kg王者、元TRIBELATEフェザー級王者) 判定 ○アレクシス・バラテウ(フランス)

 6月のマカオ大会に続き、大田原がタイ国内中部で開催されたナコンサワン大会に参戦。ムエタイでは53kg台で闘っていた大田原だが、今回は57kg契約、グローブなしのバンテージを巻いたのみで戦うムエカッチュアルールでの試合となった。前日計量だっただけに、リングに上がったアレクシスの体格は計量時よりも2周りほど大きくなっていた。

 初回、アレクシスは体格差にまかせ、パンチ主体で距離を詰めストレートからのミドルキックなど、KO狙いに出る。大田原はアレクシスのパンチに合わせ、ハイキックをヒットさせた。 この蹴りに警戒しアレクシスは次第に距離を取るようになったが、大田原はここから距離を詰めて2Rからは前蹴りとヒジ打ちに攻撃の軸を絞る。

 この前蹴りが面白いように決まり、2R前半は大田原ペース。大田原はパンチで突進してくるアレクシスにヒジを合わせ、そして組んでヒザを決めてからアレクシスをこかす。3R、アレクシスは、声を出しながら気合を入れ、大振りのパンチ。大田原は左ジャブ連打で当て、そして前蹴りとハイキックに繋ぐ。

 一気に前に出た大田原は首を取って倒し、再び立ち上がってきたアレクシスに鋭いヒジ。さらに右アッパーを顎に決め、ダウン奪取。カウント8で立ち上がってきたアレクシスに飛びヒザ・ヒジを決め、またしてもアレクシスがダウンしたところで試合終了ゴング。

 大田原はムアエカッチュアルールにありながら、本来のムエタイススタイルを見せ、その前蹴りからハイキックへの攻撃は会場となったこのナコンサワン県の市民も大喝采であった。試合はタイ地上波3チャンネルで生中継され、場内アナウンサーも「非常にシンラパ性の高い蹴りの連打だ」として大田原のハイキックを絶賛した。

 試合後に大田原は「今回は日本で応援していただいてる方も観ていただいてるので飛ばしました。自分はどんなルールでも対応できるので、どのリングでも上がります。トリビュレート、UKFのベルトの価値は自分がドンドン高めていきます」とコメントした。

試合レポート:早田寛(シンラパムエタイ)  

写真:THAI FIGHT

2014年08月02日: TRIBELATE vol.44 ~Hybrid Club Fight~

第1試合

ジュニア 2分2R △山内 斗也(B-FAMILY NEO) ドロー 判定0-0 ※三者とも20-20 △闘拳DATE(チームDATE)

第2試合

ジュニア 2分2R ●華蓮DATE(チームDATE) 判定3-0 ※20-18、20-19、20-18 ○小岩生玖(B-FAMILY NEO)

第3試合

キックボクシングルール60㎏契約 3分2R ●岡田裕太(B-Family NEO) KO 1R1分12秒 ※右フック ○岡村好樹(フリー)

第4試合

TRIBELATEシニアリーグスーパーフェザー級タイトルマッチ  ●RIKIYA(新宿ジム) TKO 2R1分49秒 ※レフェリーストップ ○手羽先まさと(鶏男) ※RIKIYAが新王者に

第12試合

キックボクシングルール54㎏ 3分3R ●トラ・ウォーワンチャイ(B-Family NEO/TRIBELATEスーパーフライ級王者) 判定3-0 ※30-28、30-28、30-27 ○内山友太(MKSキックボクシング)

第14試合 ~メインイベント~

キックボクシングルールスーパーライト級 3分3R(肘無首無) ○園田顕悟(園田道場/TRIBELATEスーパーライト級王者) 判定3-0 ※30-27、30-27、30-26 ●ランワンチャイ・ウォーワンチャイ(B-FAMILY NEO)

2013年12月04日: 大田原 友亮 虎仁 ラオファイト結果

11月8日(金・現地時間)ラオス・ヴィエンチャンで開催された『Lao fight 2013』に、タイを拠点とし、ルンピニーやラジャダムナンスタジアムなどで活躍中の17歳、UKF日本フライ級王者・大田原友亮(B-FAMILY NEO)が出場した。

地元の強豪プンピチットとLao fight57kg級タイトルを懸けた一戦に臨んだ大田原。1、2Rはお互いに様子見の展開だったが、3Rになるとプンピチットは首相撲勝負に出る。大田原も負けじと首相撲で応戦し離れ際にミドル。4Rになると、勝負に出た大田原はローからパンチのコンビネーション、そして首相撲で有利に試合を運ぶ。5Rには、手数を休めずパンチのコンビネーションからハイキックでKO狙いへ。判定3-0で大田原が勝利し、日本人初のラオスのチャンピオンに輝いた。

 また、弟・虎仁も出場し5R残り30秒に右ボディストレートでKO勝利。「日本では兄貴の方が有名で僕は無名ですが、兄を倒すのは僕です。もっと強くなって兄貴とタイトルマッチをやって兄貴を引退させます」と語った

 


▼セミファイナル(第14試合) 日タイ国際戦6vs6マッチ 54.5kg契約
△カメンノーイ・ゲッソンリット(タイ/ラジャダムナンスタジアム認定ライトフライ級10位)
ドロー 判定1-0 ※49-47、49-49、49-49
△ユウスケ・エクシンディコンジム(=大田原友亮/B-FAMILY NEO/UKF日本フライ級王者)

タイを拠点とし、ルンピニーやラジャダムナンスタジアムなどで活躍中の17歳、大田原友亮がタイでのリングネーム、ユウスケ・エクシンディコンジムの名で参戦。10月にはルンピニースタジアム認定ランキング査定試合でルンピニーの現役ランカーを倒しており、現役ラジャランカー撃破にも期待がかかる。

1R、ユウスケがこつこつと左ローを当てていく。カメンノーイはリーチを活かしジャブを突いては前蹴りで突き離すなど様子見の展開。2R、ペースを徐々に上げてきたカメンノーイは右ミドルを出すと、ユウスケはこれをしっかりブロック。

ユウスケが変わらず右ローを入れ続けると、カメンノーイは効いてきたか、終了時には少し足を引きずるようにコーナーに戻った。

3R、カメンノーイは作戦をガラリと変え執拗に首相撲を仕掛ける。この階級では規格外の長身のカメンノーイにガッチリと組まれてしまうユウスケ。パンチで突き放そうにもすぐに組まれヒザの餌食に。

4R、ユウスケはミドル、パンチで突き放し首相撲でもヒザを返すなど互角の展開に持ち込む。最終5R、流しに入ったカメンノーイに対し、ユウスケはKO狙いでパンチ、ミドル。さらにはバックブローで追い込んでいくが時間切れ。接戦はドローに終わった

2013年09月24日: 大田原虎仁が4R TKO勝ち:9.22 ラジャダムナン

大田原虎仁が4R TKO勝ち:9.22 ラジャダムナン

スック・ワンギントーン
2013年9月22日(日) タイ・バンコク・ラジャダムナンスタジアム

記事提供:早田寛 (
シンラパムエタイ


第7試合 メインイベント 115ポンド契約
×メオダム・ギャットアンノン
○トラ・エクシディコンジム [大田原虎仁](B-FAMILY NEO)
4R TKO



試合は2ラウンドから激しさを増した。メオダムは鋭いミドルキックで襲いかかってきた。大田原はこれにパンチとローを合わせていく。
この時の大田原の特にボディーへのパンチが歯切れよくメオダムの腹に食い込む。ムエタイでは一見パンチやローキックはポイントの低い技と見られがちだが、大田原の上下に散らした攻撃が多数ヒットし、2ラウンド開始時で賭け率は若干大田原寄りについた。だがメオダムも15歳にして30戦の戦績があるだけに、これしきのことでは引き下がらなかった。距離を詰めて絶妙なタイミングでテンカオ(膝)を合わせてくる。身長が170㎝以上もあるメオダムの足技はとても危険だ。
3ラウンドに入り、既に大田原が大差で賭け率を得ていた。それまで大田原のローキックのダメージが蓄積してきたのか、メオダムは接近戦を仕掛けてきた。
あからさまに肘を合わせてくる。この肘打ちのモーションがかなり大きかったが、絶妙なタイミングで放ってくるためとても危険だ。一発食らえば逆転という事態になりかねない。大田原は強引に組んでくるメオダムから距離を取り、ローとパンチでダメージを与えていく。
4ラウンド、大田原はメオダムの腹が効いている事を悟ると、ミドルキックもおりまぜ、蹴り、パンチのコンビネーションを組んで前に出た。ひたすら前進しメオダムを追い詰めていく攻撃に場内も沸きかえる。後半戦に強い大田原ならではの試合運びだ。ここでメオダムは大田原の回転の速い打撃についていけず、コーナーでローキック、ボディーパンチを食らい続け足元がよろけたところで、レフリーは試合をストップした。大田原は4RTKO勝利を決めた。
ムエタイの打撃合戦は距離が近いため、相手の攻撃を100パーセントかわすことは無理だろう。どうしても肉弾戦となっていくため、体の強度がモノをいうが、大田原の休む間なく蹴り続けるスタミナが、この試合を制したといえるだろう。
今回、日曜のメインイベントに圧勝し、試合後に多数の観戦客から記念撮影を求められた。そろそろ平日興行に参戦する時期なのかもしれない。

◆大田原虎仁「はじめてのメインだったので緊張はありましたが、日本人の応援が多かったので力になりました、ありがとうございました。また来月に日本で試合をするので楽しみにしてください。兄貴とは違う戦い方ですが盛り上げますので応援宜しくお願いします」

2013年09月06日: test

test

2013年08月07日: 悪羅悪羅闘技場 オラオラコロシアムvol.四~悪羅姫~

悪羅悪羅闘技場 オラオラコロシアムvol.四~悪羅姫~
2013年9月1日(日)栃木・Stella宇都宮

 

芝山 達郎

新美 喜信

応援よろしくお願いします

"悪羅悪羅闘技場 オラオラコロシアムvol.四~悪羅姫~" 試合結果 »

2013年08月06日: 2013.09.01ビックバン

長友 亮二

応援よろしくお願いします

"2013.09.01ビックバン" 試合結果 »

2013年07月20日: 2013.7.26 ムエタイウォリアーズ

大田原 友亮

大田原 虎仁

ムエタイウォリアーズ参戦。

応援よろしくお願いします。

"2013.7.26 ムエタイウォリアーズ" 試合結果 »

2013年07月12日: 8月10日 MA KICK GUTS2013 後楽園ホール

大田原 友亮 参戦決定!

VS 大野 貴志 (士道館 新座ジム)

応援よろしくお願いします。

"8月10日 MA KICK GUTS2013 後楽園ホール" 試合結果 »